不動産投資で賢く儲けYO〜ビッグマネーを掴むコツ〜

Home

景気からみた投資法

サラリーマンの身近な暮らしから探す

House

近年、日本の経済と景気の回復の見通しが立たない状況の中で、2014年には消費税が3%増税されました。一方、一般のサラリーマンの所得について昇給が据え置かれた場合、実質、3%のインフレとなります。 そこで、サラリーマンもできる限り、支出を抑える手段として節税ができないか検討する必要があります。サラリーマンができる節税方法には何があるかを検証します。 まず、民間の生命保険や個人年金保険、介護保険に加入している場合は、「生命保険料控除」を受けることができます。勤務先の会社や役所における年末調整で手続きすることで、既に納めた所得税や住民税が還付されます。 また、年間に支払った医療費が10万円以上の場合、「医療費控除」を確定申告で申請することで所得税の一部が還付されます。

ふるさと納税も節税効果がある

老後の資産形成のための対策として、勤務先が「確定拠出年金(401K)」を導入している場合は、加入することで優遇されます。これは将来に受け取る年金あるいは退職一時金の扱いですが、拠出(預け入れ)されたお金が運用され、運用益が発生して受取金額が増えても、非課税なので、受け取る際に期待ができます。少し長い目で見れば、大きな節税対策です。 さらに、最近、注目を浴びている「ふるさと納税」も、実質的には節税対策になります。 「ふるさと納税」は、もともと生まれ故郷へ恩返しするという目的で、現住所と異なる地域(自治体)へ納税する方法ですが、納税額とほぼ同額が控除され、しかも、納税地の特産物(果物、肉、魚など)が特典として受け取ることができます。これは、金額による節税とは異なりますが、実質的には恩恵を受けることになります。さらに、2015年より納税額が拡大され、手続き方法も便利になりました。 このように、支出を減らすために、サラリーマンが節税できる方法を上手に活用することは可能です。