不動産投資で賢く儲けYO〜ビッグマネーを掴むコツ〜

Home

あらゆる価値を見る

相談して目標を決めましょう

House

人の価値基準には各人の価値観に応じているため一様ではありません。そのため、行動に関する結果を最終的に評価するのは、各人の裁量次第と言えるのです。投資の結果は金銭的に如実に現れますから、事前に目標を決めておくことは重要です。 不動産投資は投資案件の中でも比較的リスクが低くて利益率が高いと言われていますが、その案件毎に当然リスクと利益率には差があります。通常、不動産投資を行う際には専門家に相談をしてから行いますが、その際には自らの資産形成に期待する目標や許容できるリスクを十分に把握した上で投資プランを作ることが大切です。相談を重ねることで、不動産投資の物件情報に対する認識齟齬を防いで最善策で目標を目指すことが可能になります。

不動産投資は節税にもなります

不動産投資における対象は当然不動産です。そのため、税理士に相談をして適切な税金の知識を取り入れれば節税にも役に立つ場合が色々とあります。特に企業に勤務しているサラリーマンが不動産投資を行う場合、不動産所得が副収入として入ることになります。給与に対する税金の計算は所属企業が行っていますが、不動産所得に関しては確定申告が必要になります。利益が出ていれば当然ですが、損失が発生している場合に税理士に相談をしていれば還付を受けることが出来るでしょう。 また、不動産投資としてマンション等の物件を所有して賃貸を行う場合には、必要経費分を差し引いて黒字だった場合だけ納税が生じます。不動産物件ですから相続対策としても有効活用が可能です。